上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
02
08

「消失」

というわけで!
一週間ぶりの更新です。気がつけばもう2月です!
昨日は雪も降ってました。寒い筈ですよ。こう寒いと外で塗装が出来ません。なんともはや。
というわけで、今週も絶賛労働してました。昨日も今日もTT

しかしせめて半日勤務でも! 休みらしい事をしたい!
というわけで、行ってきました「涼宮ハルヒの消失」

100208_000422.jpg

昼くらいに仕事を終えて劇場へ行ったのですが、なんと夜の最終回以外は立ち見を含めて全滅。
ううむ。やはり。ある程度予測したとはいえ、小さな劇場では捌ききれないか。
最終回は23時終了ということでちょっと躊躇いましたが、今しかない! そう、昨日の雪はきっとこの誘いに違いない! ということでチケット購入。久しぶりの深夜映画です。学生時代はこんなんばっかしてたような気もしますね。

では感想。
通常原作つきの映画を私は観ることを好みません。原作を読んだ時点で脳内映像互換されてしまうので、それ以上の作品には滅多にお目にかからない。なにしろ、脳内では予算は無限。キャストは自分の好み。しかも上映時間は無制限です。そりゃあ、ハリウッドがどんなに頑張っても勝てない。
アニメから観ているとはいえ、例の「エンドレスエイト」事件以来、「京アニ大丈夫か?」状態だったのでそこはかとない不安と、過剰なまでの期待。
こういう状態は一番危険です。なにしろ、ただでさえ皮肉屋な私のこと、きっと荒捜しをしてしまいます。そして、「やっぱり駄目だったよ」と落ち込むのが大半。

が。

声を大にして言いたい。

すんげえ良かったです。

なんかね、もうね、原作の脳内返還とか屁でもなかった。小説を読んでいる時に脳内で再生された筈のおなじみキャストの声すらも、新鮮でありえない感動でした。
プロの仕事って本当に素敵。声の力って抜群ですよね。
従来のアニメでも十分に緻密だと思っていた描写はさらに劇場用に緻密で繊細に。
あらためてロケハンしたという背景は、もうなんか泣きそうなくらいに「あの地域」の空気。いや、以前実は「北校」のそばに住んでいたんですよ。一時期ですが。夙川とか甲陽園とか、ああ、本当にここが舞台なんだって空気感が凄い。
しかも、予想にたがわず、長門が異常な凄さ。破壊力抜群。袖をそっとつかむシーンで、涙腺緩みまくり。

何より今回の話は、それまで(当人の意識的には)巻き込まれるだけだったキョンの独白と、能動的行動に移るまでのプロセスが描かれるわけですが、その杉田智和さんの演技力ときたらもう、最高ですよ。ありえない感情移入ぶり。

最終決断を迫られて、本当にそれでいいのか、自分の意志で選ぶ世界はどれなんだというシークエンスの盛り上がりが恐ろしい勢いで観客を圧倒します。実はこのくだりを阪急電車の中で読んでいて、電車内なのに泣きそうになったのですが、今回はためらうことなく滂沱の涙を流しました。涙は流れながらも、目はけしてスクリーンから離れない。こういう泣き方は久しぶりです。
歳をくって涙腺も緩くなったのかもしれませんが、むしろ無感動な日常が続いている筈なのに、「ああ、まだ俺はこういう涙を流すことが出来るんだ」と再認識しました。

結局、どれだけぼやいていても苦しんでいても、現在の自分は自己意志の介在しない自分ではありえないという、日常生活を送る上での希望を与えてくれました。そう、それは自分の世界の選択なのですよ。

原作を知らない人も、かつて読んだ人も、アニメしか観てない人も、ハルヒってなに? という人も、すべての方にお薦めです。

観終わった後、茫然自失から立ち直るまでちょっと時間がかかり。
23時過ぎに劇場を出た夜空には、凍てつくような風が吹いていました。
真っ暗な夜空から、そっと雪が舞い降りるような夜空。

そう、きっと観た人それぞれの心に、雪が舞い降りるのです。





スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 見てきました

    2010/02/11(Thu) 22:06夜想亭 [ URL|Mail ]

     「ハルヒ」と「なのは」見てきました。
     いやあ、面白かったです。あと、ツンドラッヘさんのネタバレにならない程度の感想の書き方のうまさが分かりました。ハルヒが芋虫、というのが何の事か分かった瞬間に劇場で笑ってしまいましたよ(笑
     あと、なのはが砲撃型というより高機動型という話も理解できるようになりました。あの火力で、あの機動性の高さは反則です。

  3. Re: 見てきました

    2010/02/13(Sat) 00:09ツンドラッヘ→夜想亭さん [ URL|Mail ]

    コメントありがとうございます!
    観ちゃいましたかー^^ 良いですよね! 映画!

    >あの火力で、あの機動性の高さは反則です。
    ですよねー。というか、明らか機動性上がってますよね。しかしフェイトはそれ以上の機動性というさらに反則技(笑)
    単純火力勝負なら「なのは」。総合力で互角。協力すれば史上最強。全力全開って素晴らしい! いやもう、私も! なに言ってるのか! わかりませんけれども!(笑)

    多忙と寒気で作業が進まない分、妄想だけは練ってます。>なのは艦

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

工廠管理人

ツンドラッヘ

Author:ツンドラッヘ
狭い部屋でも模型はできる。十年ぶりに再開した模型製作記。そのほか読書やゲーム、映画など趣味のブログです。コメントや掲示板は常識的な範囲でご自由に。感想や模型製作のアドバイスなどお待ちしております。

また、このブログはなんら政治的・軍事的・宗教的な表明や意思表示を示すものではありません。管理人はオタクですが、それを強要するつもりもありません。世界が安穏ならんことを切に願います。このブログに掲載の一切の文章・画像の無断転載を禁じます。

現在の技師数

最新トラックバック

工廠公式後方支援

只今絶賛応援中♪ 

「蒼海のヴァルキュリア」応援中! 「蒼海の皇女たち」応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

工廠勤務者談話室

掲示板です。感想などお待ちしています。コメントは各記事タイトルの◆から記入できますのでそちらもどうぞ♪

工廠電信室

掲示板には書けない。あなただけに伝えたい。そんなシャイなあなたにはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。