上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
01
16

今週の読書記録

「海底十一万浬」稲葉通宗著 朝日ソノラマ文庫

伊6潜サラトガ雷撃す―海底十一万浬 (学研M文庫)伊6潜サラトガ雷撃す―海底十一万浬 (学研M文庫)
(2003/08)
稲葉 通宗

商品詳細を見る


写真は学研M文庫ですが、私が持ってて読んだのは古い朝日ソノラマ。
100116_232018.jpg
随分表紙のイメージが変わりますね。

因みに、初めて読んだのは図書館で小学生のころに。懐かしさと最近潜水艦マイブームで再読。
真珠湾包囲作戦での燃料不足から、サラトガ雷撃、インド洋通商破壊戦、新潜水艦受領、ガ島輸送、霧のアリューシャン作戦と、太平洋戦争の前半戦を戦い抜いた強運艦長の手記です。
しかし軍人とは思えぬ文才のある稲葉艦長の巧みな文章で、潜水艦の苦しい戦いの中にも、たゆまざる努力と何気ない日常がありありと描かれ、結構分厚い本ながらさらっと読めます。
なにより、GF司令部も6艦司令部にも眉をしかめられながら、「南無八幡大菩薩」の幟を出港には掲げるなど、その姿勢が「粋」で心憎いですよね。
ちなみに、山岡壮八著「海底戦記」は戦中文学ですが、この艦長の伊6潜を取材して書かれたもの。作中にもその交流が描かれるなど、意外な一面もうかがえて面白いと思います。

模型的に言うと、これを読んだ直後にアオシマ製の「伊1&伊6」を造りましたが、これがまた難物で……タロイモみたいな艦体に困った記憶があります(笑) リニューアル! リニューアル! ……アオシマさん無理ですか?


「へヴィーオブジェクト」鎌池和馬著 電撃文庫


ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫)ヘヴィーオブジェクト (電撃文庫)
(2009/10/10)
鎌池 和馬

商品詳細を見る


「オブジェクト」と呼ばれる超巨大兵器が互いに争うことが「戦争」になった時代。
人が生身で戦うことに意味はなくなり、「オブジェクト」は戦争の代名詞となった。

というわけで、こちらはライトノベル。描かれる主題は「巨大兵器対生身の兵士」。
普通の攻撃では絶対勝てない、ありとあらゆる武装を施したオブジェクトに挑む、たった二人の技官と兵士。
無論そこはラノベですので、美少女ありの爆乳上司ありの世界なんですが。
知力で強大な力に対抗して、何かを成し遂げるという様は物語として非常に面白い。
例えば「大和」対兵士二人とか聞くと燃えませんか?(笑)
そういえば昔読んだ海外小説で、ドイツ海軍の戦艦を一個分隊で奪取するというのもありましたね。

戦艦奪取大作戦 (1983年) (集英社文庫)戦艦奪取大作戦 (1983年) (集英社文庫)
(1983/01)
ラムラス&シェイナー

商品詳細を見る


↑多分これなんですが。どこにしまったかな……。


「アイゼンフリューゲル」 虚淵玄著 ガガガ文庫

アイゼンフリューゲル2 (ガガガ文庫)アイゼンフリューゲル2 (ガガガ文庫)
(2009/12/18)
虚淵 玄

商品詳細を見る


翼竜を越えるために作られた噴進機と、過去の傷を背負ったパイロットの哀歌。
舞台は架空ながら、機体から見受ける限り、独逸が分裂したかのような国。そして、イラストはF16かと思う様な機体に描かれていますが、明らかにMe262と思しき噴進機。
もっとラノベラノベした展開かと思いきや、さすがは虚淵先生。枯れた話に仕上がってます。
しかし最後に救いがあって、爽やかな終わり方は個人的にイマイチかな。もっと枯れていてよかったのに。
……いや、それじゃますます大衆受けしないか。




スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

工廠管理人

ツンドラッヘ

Author:ツンドラッヘ
狭い部屋でも模型はできる。十年ぶりに再開した模型製作記。そのほか読書やゲーム、映画など趣味のブログです。コメントや掲示板は常識的な範囲でご自由に。感想や模型製作のアドバイスなどお待ちしております。

また、このブログはなんら政治的・軍事的・宗教的な表明や意思表示を示すものではありません。管理人はオタクですが、それを強要するつもりもありません。世界が安穏ならんことを切に願います。このブログに掲載の一切の文章・画像の無断転載を禁じます。

現在の技師数

最新トラックバック

工廠公式後方支援

只今絶賛応援中♪ 

「蒼海のヴァルキュリア」応援中! 「蒼海の皇女たち」応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

工廠勤務者談話室

掲示板です。感想などお待ちしています。コメントは各記事タイトルの◆から記入できますのでそちらもどうぞ♪

工廠電信室

掲示板には書けない。あなただけに伝えたい。そんなシャイなあなたにはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。