上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
21

このモールドがすごい2009

おはようございます!
というわけで、起きて顔は五分で洗ったのに、ガレキの洗浄には一時間かけました。

「ドイツから来た驚異の技術」という触れ込みに魅かれて買ったメラミンスポンジは御覧の有様。
091121_121608.jpg

さすが英国のフネ。ドイツの驚異の技術がボロボロです(笑)

一晩寝かせたタッパーの中から慎重にパーツを取り出し、今度は台所用洗剤で洗います。
歯を磨くのは手動なのに、このキット用に百均で電動歯ブラシを買って来ました。(昨日の写真参照)
……あほです。やっぱりどこか人生を間違えている気がしますが、そんな迷いも洗い流しましょう。

というわけで、洗い終わった四隻分のパーツ。
091121_121704.jpg

ううむ。なんか凄い達成感。しかしこれで本当に剥離剤が落ちているのだろうか。心配性な私はどうも「落ちたよ!」というサインがないと不安です。
剥離剤に赤とか青とか色をつけておいて、「ジャップは総天然色で攻めてきやがった」という風にすればわかりやすいと思うのですが、いかがでしょうか? シールズモデルさん。

さて、お待ちかね。部品精度のアップ画像です。

バンゴー級の艦尾。木甲板、爆雷など、細かいところまでビッシリ。
091121_121852.jpg

艦首側には薄々の舷側板モールド、錨、錨鎖、リール、舷窓など、繊細で細かい出来栄え。
091121_121933.jpg

こちらは武装トロールの艦首
091121_122011.jpg

そして、艦橋の窓もちゃんと抜けてます。今どきの人は「え? 当たり前じゃないの?」と思われるかもしれませんが、古い世代の私には「窓がちゃんと抜けている」というのは一つの選択の基準だったりします。昔はタミヤでも窓がなく、ツルリンとしたものもあったのです。
091121_122131.jpg

そして、驚異のラッタル入口開口。凄い! メーカーさんの素晴らしい愛が感じられます。
091121_122335.jpg

細い部分も申し分なしの出来栄え。
091121_122306.jpg

というわけで、半日から一日は陰干しで乾かしましょう。
水気が抜けきったら、メタルプライマーを吹いて、ようやく組立というか、塗装というか、いつもの作業に入れます。
完成を想像するとテンションは上がりますが、とはいえ、もう二隻分も先に洗っておかなければなりません。そして、下拵えができたら、主砲をこっちへ向けて威嚇している「タレイア」の筆塗りをしないと(笑)
蜜柑山を積み上げるのは怖いのでね。

それまでに、家の用事や散髪、あ、そうだ。映画なんか観に行くのもいいかもしれませんね♪
なにしろ、今日は一カ月ぶりのまともなお休みです。ふふふふふ。
楽しいなあ! ビバ休日!
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

工廠管理人

ツンドラッヘ

Author:ツンドラッヘ
狭い部屋でも模型はできる。十年ぶりに再開した模型製作記。そのほか読書やゲーム、映画など趣味のブログです。コメントや掲示板は常識的な範囲でご自由に。感想や模型製作のアドバイスなどお待ちしております。

また、このブログはなんら政治的・軍事的・宗教的な表明や意思表示を示すものではありません。管理人はオタクですが、それを強要するつもりもありません。世界が安穏ならんことを切に願います。このブログに掲載の一切の文章・画像の無断転載を禁じます。

現在の技師数

最新トラックバック

工廠公式後方支援

只今絶賛応援中♪ 

「蒼海のヴァルキュリア」応援中! 「蒼海の皇女たち」応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

工廠勤務者談話室

掲示板です。感想などお待ちしています。コメントは各記事タイトルの◆から記入できますのでそちらもどうぞ♪

工廠電信室

掲示板には書けない。あなただけに伝えたい。そんなシャイなあなたにはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。