上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
10
28

ハッシュハッシュクルーザー

「巡洋戦艦リライアント」 ダグラス・リーマン著 ハヤカワ文庫刊

巡洋戦艦リライアント (ハヤカワ文庫NV)巡洋戦艦リライアント (ハヤカワ文庫NV)
(1998/05)
ダグラス リーマン

商品詳細を見る


みなさーん。読書週間ですよー。
というわけで、オススメ図書の紹介です。
もうね、表紙で買いでしょう? レナウン級三番艦HMS「リライアント」の雄姿!


致命的な欠点、装甲の危険な薄さを持ちつつも、北海、大西洋、そして地中海と戦い抜く優美なる巡洋戦艦。
主人公シャーブルック艦長と、功名心にはやる司令官との対立やつかの間の上陸、淡い恋。心に傷を負った乗組員たちの日常と、生死を賭けた戦いの日々。そしてその艦は、「自らの意志」を持っていた。

運命のシチリア上陸作戦。
突然の舵の「故障」によって立往生する「リライアント」。
しかしそれこそが、彼女の意志。
リットリオ級「チベリオ」がタラントからひそかに出港、上陸船団に迫る!
それを防げるのは、偶然の立往生で残された、「リライアント」ただ一艦のみ!

地中海を血に染める、最後の砲撃戦が今始まる……



まさに英国海軍の真骨頂。護衛戦。そして、見敵必戦。
改装していないレナウン級対リットリオ級という熱さもさることながら、艦と人との絆が艦魂を彷彿とさせる展開には、手に汗握ります。

「リライアント」は基本レパルスなので、比較的造りやすいと目論んでいます。
建艦予定。しかしまだ予算が……
こういう架空艦もいいものです。はい。

しかし英国ではこういうのは架空戦記とは呼ばず、海洋冒険小説というのですね。「ユリシーズ」なんかもぶっちゃけ架空戦記なのになぁ。

とか言ってたらいつのまにか「レナウン」発売しとるやんか!
あああ、出来の程はどうなんでしょうねえ。トランペッター製というのはわかっていてもピットロードの名前ですんごい期待してしまう。
買うた止めた音頭を繰り返す私です。
いやまて。孔明の罠に違いない……。

追記↓

ちなみに。
関門海峡で「くらま」衝突。
えー。こないだ「しらね」がCIC全焼からようやく治って現役復帰したんに。今度は「くらま」か。

ニュース映像で艦首が第一砲塔直前までクシャッと潰れてたんですが、大丈夫なのか「くらま」。

実は旧型とはいえ、私は主力護衛艦というと、イージス艦よりも「しらね」級が好きなんですよね。いかにも日本の巡洋艦の系譜って感じで。長門級のイメージなんですよ。
廃艦にはしないでくださいよ。予算がなくても。宇宙人総理。




スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. やってしまいました

    2009/10/28(Wed) 22:58夜想亭 [ URL|Mail ]

     ツンドラッヘさんが、頻繁に勧められるのでア○ゾンで頼んでしまいましたよ。「リライアント」「落日の香港」「奇跡の巡洋艦」。来るのが楽しみです。
     ただ、最近イタリア海軍びいきなので、イタリア艦が沈む姿を見るのは悲しいですが。

     >「くらま」
     事件直後は、憶測で皆ものを言うので、TVとWebで真反対の事をいっていましたなあ。
     まあ、偏向報道ばかりの民放はさておき、非常に残念ですね。と、同時に死者を出さず、弾薬庫の引火を防いだ「くらま」乗員の方々は素晴らしいと思います。
     艦齢が高い艦ですが、修理してほしいですね。無理なら、つなぎとしての「ひえい」延命化と、22DDHの早期建造をしてほしいですが。闇雲な予算削減しか目がない現政権では、どうなるやら。

  3. →夜想亭さん

    2009/10/29(Thu) 00:00ツンドラッヘ [ URL|Mail ]

    おー。やってしまいましたか(笑)
    いや、お気に召せばよろしいのですが。癖のある文章なので、英国海軍特有の言い回しや雰囲気がお好きなら、おそらく楽しめますよ。佐藤節的な悪人は出ませんが(笑)
    訳文次第で良作にも駄作にもなってしまうのが海外小説の欠点といえば欠点なのですが。その辺はまあ、お楽しみに、ということで。

    因みに、合衆国海軍モノなどもオススメがありますが、いかがでしょう?(笑)

    >「くらま」
    いやほんとに。ダメコンという意味では、心からよくやったと言いたいです。事故原因は今後の調査によるので現段階では言及しませんが、死者を出さないということは最大の成果だと思います。
    修理……高いですよね、あれ。「涼月」みたいになってましたよ。いかに装甲のない現代艦とはいえ、衝突安全クラッシャブルボディじゃあるまいし。というか、早く直さないと佐世保管区の対潜警戒網に穴が開くような気が……

  4. 架空艦としては

    2009/10/29(Thu) 00:43ぷーかん [ URL|Mail ]

    ちょうど「レナウン」も発売された事ですし、ツンドラッヘさんの他にも「リライアント」作ろうという方も結構いるかもしれませんね。
    まだ私は「リライアント」の本自体すら見てないのですがorz
    (中古品のアマゾンは以前痛い目に遭ったのでちょっと・・・)

    その反動か、絶対エッチングパーツ付きが出るだろうからそれまで待つと思っていたのに、気がついたら手に取って買ってしまいましたよレナウン。
    まだ見ただけなので出来は何ともですけど、大改装後の英戦艦はWLの1/700プラキットでは始めてでは?

    >くらま
    艦首損傷というと、やはり大戦中の艦の例を思い浮かべますね。直すの大変そうだなあ。
    ともあれ、人死にが出なかったのは不幸中の幸いですかね。

  5. →ぷーかんさん

    2009/10/31(Sat) 00:44ツンドラッヘ [ URL|Mail ]

    コメントありがとうございます。
    レナウン買いましたか!
    ううーん。私も買いたいのですが、買うと絶対積んどく模型が増えるだけなのですよ。現状、まだ「タレイア」の完成までは少なくとも。
    仕事が繁忙期のせいもあり、建艦時間が長く取れなくなっている状況では、素直にエッチング付き待ちでしょうか。
    そんなに簡単には絶版になりませんよね? ね?
    仰る通り、大改装後艦橋だけでも価値のある一品だと思いますよ。
    また造り始められたら詳細お教えくださいね♪

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

工廠管理人

ツンドラッヘ

Author:ツンドラッヘ
狭い部屋でも模型はできる。十年ぶりに再開した模型製作記。そのほか読書やゲーム、映画など趣味のブログです。コメントや掲示板は常識的な範囲でご自由に。感想や模型製作のアドバイスなどお待ちしております。

また、このブログはなんら政治的・軍事的・宗教的な表明や意思表示を示すものではありません。管理人はオタクですが、それを強要するつもりもありません。世界が安穏ならんことを切に願います。このブログに掲載の一切の文章・画像の無断転載を禁じます。

現在の技師数

最新トラックバック

工廠公式後方支援

只今絶賛応援中♪ 

「蒼海のヴァルキュリア」応援中! 「蒼海の皇女たち」応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

工廠勤務者談話室

掲示板です。感想などお待ちしています。コメントは各記事タイトルの◆から記入できますのでそちらもどうぞ♪

工廠電信室

掲示板には書けない。あなただけに伝えたい。そんなシャイなあなたにはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。