上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
10
04

週末の過ごし方

はい、ようやく終末です。JAMJAM……いえ、週末です。
わかる人だけに分かるネタはさておき。
……なんで週末なのに金曜日が飲み会で夜中の三時までオネエちゃんの居るスナックで飲み明かさなければならないのでしょうか。
しかも残務処理のために今日も朝から昼まで仕事してたりしました。やはり繁忙期侮りがたし。

え? 羨ましい? 私は下戸なんであんまり嬉しくありません。というか、アニメも観れないし造艦もできないので寧ろ帰りたいのですが、仕事関係とあればまあ、それも止む無し。ええ、働かざる者模型を買うお金もなくなってしまいますからね。国家とは建艦の為にお金を稼がねばなりませぬ。アメリカみたいな大金持ちなら別ですが、私はそうではないので。はい、バリバリ働きましたともさ。歌いましたともさ。オネエちゃんは胸が46センチ砲で「俺にはでかすぎる……」と内心思いましたが。

週中にちょっとは進むんじゃないかと御期待頂いた皆様には大変申し訳ありません。これからの時期ちょっと繁忙期突入で平日はなかなか……
と言いつつ。

この人はなんて馬鹿なんだろう。
と言われても仕方ないんですが、
091003_191049.jpg

買ってしまいました!わははは
これを造りたいのです。

「蒼海のヴァルキュリア」応援中!
もちろん造るのは人の方ではありません。
私は錬金術師でもないし、なまじ変ないきものが出来ちゃって「あれは……かあさんなんかじゃない!」とか兄弟でガタガタ震えるのも趣味ではありません。

閑話休題?
もうじき次回作が発売されます「蒼海の皇女たち」。
その主人公艦である潜水艦「ウルディアーナ」は、モチーフになった船がUボート?B、もしくは?C型です。防潜網カッターがないことからC型の可能性が高いのですが、なにせ「ウルディアーナ」自体が「旧型の改造潜水艦」なもので、あちこちいじってあります。
艦橋はいわゆる「ヴィンターガルテン」対空強化艦橋。上甲板手摺は切断。(大型艦橋に対応するためか?)艦橋内の木張り撤去。そして説明文があるわけではないですが、当初37ミリ対空砲1挺の筈が、場面によって4連装20ミリらしき絵があります。電探装備。ふむ。

実は色々とお話させて頂いている夜想亭さまの「出雲艦船技研」にハセガワのU?C改造の素晴らしい作品があったりします。
しかし見ているうちに、私も造りたい。次回作の主人公艦、「ネレイディア」にしようかとも考えたのですが、今すぐ造りたい。
イッコーさまの模型製作ブログで拝見した「伊?400」に感化されたというのもあります。潜水艦も造りこめばきっといいものが出来る筈。

そこで。
ホビーボスから出ている上の写真の物を造ってみることにしました。
艦橋はお手軽に完成するために?C型のヴィンターガルテンを使いましょう。
ええ、きっと?C型も造る日が来ますよ。そのうち。はははは。

……

091004_003310.jpg

すいません。手順を撮るまでもありませんでした。えーと。艦橋の基部の取り付け方が違うので、やすりで削りましょう。高さを調整してありますが、実は一回片方だけ削り過ぎて、傾いて駄目になりそうでした。危ない危ない。ノリで作業したらやっぱり駄目ですね。ちゃんと線を引きましょう。次回への反省。
装備の電探は「世界の艦船」シリーズ5のジャンクパーツから。
88?砲と機銃は色々ジャンクを探して合うサイズに調節。
甲板色はクレオス40のジャーマングレイ、船体色はタミヤAS-28のミディアムグレイです。独逸艦っぽく色が出ればいいな♪

そして。写真でお分かりの通り、今回はエナメル塗料を買ってきたのでウォッシングにチャレンジです! 大丈夫かなぁ……海自の潜水艦みたいな真黒になってます。日和って艦橋だけ後回しにしました。だって塗りなおすのは嫌じゃないですか(笑)


というわけで、乾くのを待っている間に十年前の宿題、松級を迷彩塗装したいと思います。
先日タミヤカラーXF‐80ロイヤルライトグレイで英国風を目指して下地塗りをしたものを
091003_171052.jpg
綾波状態に。……あまり蕩れませんね。ええ、私はアスカ属性なので。

この艦は佐藤大輔先生の「RSBC」の改松級HMS「オーク」にする予定でしたが、さすが十年前の俺。全く気にせずに構造物まで造っちゃってます。塗装もなにも、甲板の塗り分けすら出来やしない。いまさら「オーク」に改造すら難しい。
仕方ないので同一世界観で英国海軍ではなく豪州海軍仕様の改松級にしたいと思います。
英国風グリーンクレオス23ダークグリーンと豪州大地のイメージでクレオス132土草色を塗りましょう。
ところが、マスキングしてもやはり構造物なんかの立体面は、はみ出します。筆塗りでもはみ出します……ええい! テープ、邪魔!
気合の手塗りです。えいやっと。
091004_005912.jpg

……アップにしなければ、それなりに見えますかね?

ところで。
御覧の皆さんで艦船模型製作の方は軍艦旗ってどうしてますか?
昔はウォーターライン付属のシールで済ませていたのですが、あれ、湿気で剥がれてくるんですよね。かといって、デカールはデカールで剥がれやすいし……実は海防艦801号、完成させたいのですが、軍艦旗の掲揚ができないので竣工してません。張り線して吊るすのに鮎釣り用の糸がいいとも言われるようですが、釣具屋さんが近くにないので……
軍艦旗と張り線、皆さんのオススメがあればぜひコメントなり掲示板なりによろしくお願いします。

さて、次回は「ウルディアーナ」完成かな?
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. No title

    2009/10/04(Sun) 09:48夜想亭 [ URL|Mail ]

    「ウルデイアーナ」に着手されましたか。「ウルデイアーナ」は、対空火器を増強しているわりに88ミリ砲が残ってたり、妙な所があるんですよね。なので、製作は二個イチになりますよね。
    ついでに「ネレイデ」もどうです?

    「松」改の塗装もイイ感じですね。RSBCの表紙みたいです。

    張り線は、模型屋にあった0.2ミリ銅線を黒く塗って使っていますが、へたり易くイマイチですね。国旗は、カラーコピーして糊で貼り合わせた物を瞬間接着剤で付けています。多少絵が潰れますが、経年変化には強いですよ。

  3. →夜想亭さん

    2009/10/04(Sun) 10:35ツンドラッヘ [ URL|Mail ]

    夜想亭さんおはようございます。
    そうなんですよ。対空強化したら重量バランスとる為に88㎜砲は撤去の筈なんですが……ま、その辺が新型改造艦なのでしょう(笑)
    「ネレイディア」は現在判明の画像だけで見ると、ⅦCですかね。艦橋は普通のバスタブでしたが。もちろん詳細判明後に造りますよ~♪ 「ジンクウィード」「ファ・イスト」も迷彩や艦形設定が公開されないかなあ。

    銅線はイマイチ、と。ふむ。伸ばしランナーを造ろうとしてぶっちぎりランナーが出来ちゃいました。。。

  4. おお、潜水艦だぁ

    2009/10/06(Tue) 00:56ぷーかん [ URL|Mail ]

    就航おめでとうございます。
    実はワタクシ、出戻り後に潜水艦キットだけは一隻も作ってないのですよ(浴玩と特殊潜行艇除く)。
    ホビーボスのキットは全く作った事無いので、素性を知る手始めには、手頃で良さそうですね。
    上の方の別日の写真を拝見すると、エナメルの塗料もきちんと入り込んでいるようで、ちゃんと乾くの待ってから拭き取り作業されているようですね。
    自分はつい乾く前に拭いてしまって、やり直しな事が多いです>基礎なのに
    あと、松型が迷彩すると、こんな感じになるんですねえ・・・。


    >軍艦旗
    私はあまり旗立てない人なんですが、シールのを使った時は、瞬着か接着剤かで、剥がれている所をつけ直してから使いましたね。
    デカールは、ぱりぱりに割れるイメージがあって、ちょっと・・・。
    あとはPCで印刷とかですかねえ。
    張り線の鮎釣り糸は、数年前に買ってはあるんですが私もまだ未挑戦です・・・って糸まで積むとはorz
    以前旗を付けた際は、手軽で古典的な伸ばしランナーで糸張ってやりました。
    組んでからだいぶ経ちましたが、数年くらいは大丈夫のようですね。
    是非綺麗に完成した海防艦に旗を掲げて、竣工させてやってください~

    >巡洋戦艦「リライアント」
    向こうのお返事もついでに(^^;
    英海軍の架空艦ですか、いやあ、知らなかったです。
    古本屋で見かけたら是非確保の方針で。

  5. →ぷーかんさん

    2009/10/06(Tue) 01:20ツンドラッヘ [ URL|Mail ]

    コメントありがとうございます♪

    潜水艦はいいですよお(笑)

    > ホビーボスのキットは全く作った事無いので、素性を知る手始めには、手頃で良さそうですね。
    はい。600円でした。えーと、まあ、これは1,200円掛かってるんですが(汗

    >松型が迷彩すると、こんな感じになるんですねえ・・・。
    いや、お恥ずかしい。十年前に組んだままだったので、中途半端な改装艦なんです。でも仕上げてやりたくて。。。迷彩塗装は難しいです。

    > >巡洋戦艦「リライアント」
    > 古本屋で見かけたら是非確保の方針で。
    時折ブックオフとかにありますよ。ダグラス・リーマンは割と好きな作家なんですが、絶版が多くて(汗
    ハヤカワどうにかしろよと言いたいことしきり。
    オススメは「巡洋戦艦リライアント」「落日の香港」「奇跡の巡洋艦」「輸送船団を死守せよ」などなど。
    あちらでは架空戦記ではなく海洋小説というのですね。
    まあ、確かに戦局をひっくり返したりはしません。どちらかというと「人」に主軸を置いた話の展開です。しかしそれが熱い!

    軍艦旗、張り線のアドバイスありがとうございます!
    やはり伸ばしランナーがいいのですね。伸びる前にちぎれるんですよね……昔から。
    海防艦801号、頑張って竣工を目指します。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

工廠管理人

ツンドラッヘ

Author:ツンドラッヘ
狭い部屋でも模型はできる。十年ぶりに再開した模型製作記。そのほか読書やゲーム、映画など趣味のブログです。コメントや掲示板は常識的な範囲でご自由に。感想や模型製作のアドバイスなどお待ちしております。

また、このブログはなんら政治的・軍事的・宗教的な表明や意思表示を示すものではありません。管理人はオタクですが、それを強要するつもりもありません。世界が安穏ならんことを切に願います。このブログに掲載の一切の文章・画像の無断転載を禁じます。

現在の技師数

最新トラックバック

工廠公式後方支援

只今絶賛応援中♪ 

「蒼海のヴァルキュリア」応援中! 「蒼海の皇女たち」応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

工廠勤務者談話室

掲示板です。感想などお待ちしています。コメントは各記事タイトルの◆から記入できますのでそちらもどうぞ♪

工廠電信室

掲示板には書けない。あなただけに伝えたい。そんなシャイなあなたにはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。