上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
07
13

ゆるゆる「加古」その2

こんばんは^^

ちょっと昨日から興が乗ったので平日作業再開です。

今日は、先日甲板のリノリウム塗装をした「加古」の続き。

船体を左右分割式なので貼り付け、艦底と接着。
非常に「ピタッ!」と合うので素晴らしいのですが、唯一気に入らないのが、左右分割で、艦首左舷に継ぎ目が来ること。

これ、「伊58」の時にも感じたのですがね。この方式絶対ダメじゃないですか。だって、まだプレーンな舷側ならいいですが、このフネの場合、外板継ぎ目のモールドが水平に入っています。
しかし、(「 )型の継ぎ目があると、それにパテ盛って削ってさらにそのモールドを書き直すという作業が……
これなら多少くっつける際に慎重にする必要があるとはいえ、艦首でまっすぐ継いである方がよほど修正が楽ですよ。

まぁ、贅沢な文句はさておき、手を動かすとしましょうか。

こんな感じで組み上げた船体に、パテ盛り。

100713_195821.jpg

ね? これ絶対後が大変。

まぁ、のんびり行きますか。
あくまで趣味ですからね。急いでも仕方なし。

乾くのを待つ間にこれを書いてたりするわけなんですが、それにしても疑問が一つ。

100713_203616.jpg

この塗装指示によると、艦橋天蓋にもリノリウムが張ってあることになってるんですよね。
先日ツイッターでも疑問に答えて頂いたのですが、天蓋リノリウム張りは意味がわからんし、そもそも出来るのかこれ、という。

しかも、艦橋各階層にリノリウムでしょ? 本当にこないに全部張ってあったのかなぁ。
「古鷹」級に詳しい人、おられませんか?


まぁ、その辺は適当に鉄張りに変えて造るとしましょうか。こうなるとついあちこち改造したくなるのが私の悪い癖。いえいえ、今回はしませんよ。うん、しない。多分……。

あと、「金剛」姉さんのエッチングとか、プライマー吹き。これをやっておかないと次の作業に行くときにまた時間がかかりますからね。まとめて吹けるものはこういう時にやっておくに限る。

100713_195923.jpg

え? 右の船体は何かって? さぁ?(笑)


というわけで続きます^^
スポンサーサイト

工廠管理人

ツンドラッヘ

Author:ツンドラッヘ
狭い部屋でも模型はできる。十年ぶりに再開した模型製作記。そのほか読書やゲーム、映画など趣味のブログです。コメントや掲示板は常識的な範囲でご自由に。感想や模型製作のアドバイスなどお待ちしております。

また、このブログはなんら政治的・軍事的・宗教的な表明や意思表示を示すものではありません。管理人はオタクですが、それを強要するつもりもありません。世界が安穏ならんことを切に願います。このブログに掲載の一切の文章・画像の無断転載を禁じます。

現在の技師数

最新トラックバック

工廠公式後方支援

只今絶賛応援中♪ 

「蒼海のヴァルキュリア」応援中! 「蒼海の皇女たち」応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

工廠勤務者談話室

掲示板です。感想などお待ちしています。コメントは各記事タイトルの◆から記入できますのでそちらもどうぞ♪

工廠電信室

掲示板には書けない。あなただけに伝えたい。そんなシャイなあなたにはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。