上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
04
27

「金剛」建艦開始!

こんばんは! 珍しく連日更新です。

さて、昨日最後にちらっと言ってから「金剛」の蓋を開けて閉めて開けて閉めてを繰り返していたわけですが、なんとなーくどうしても戦艦に手をつけるべきだと脳内で囁かれたので、「金剛」建艦開始。

甲板から塗ってみました。

今回は甲板にびっしり配置された単装機銃座と弾薬箱などを塗り分けるのが至難の業という諸意見を考慮し、奮発して「木甲板シート」を購入。よろしい。これで簡単に出来る筈……と船体色をとりあえず甲板に塗布。

乾いている間に説明書を……ん?

これなに。

100426_231512.jpg

「キットの甲板上の不要な彫刻を削り取り、平らに仕上げます」

……平らに仕上げます?
簡単に言うなーーーーーっ!

しかもこれ、よくみたらエッチングのボートクラッチとか機銃座の装甲とか付いてるんですよ。ていうか、そんなこと聞いてないし。レーザーカットできれいに貼るだけ、じゃないのかよ!

うあー……これって塗り分ける以上に面倒な作業になるんじゃないでしょうか。
いっそ木甲板シートの方に切り込みを入れて、モールドを生かす方向で……
いやそれ以前にこれ切り込みとか入れても大丈夫なんかな……

という悩みもよそに、乾いた甲板をとりあえず仮置きしてみました。

100426_221628.jpg

ほうほう、「金剛」のスキージャンプ甲板装備の特徴を非常によく捉えた秀逸な……ってたわけがー!
戦艦の甲板がこんなに跳ね上がっててどうする。
キットの個体差もあるとは思いますが、これは……困った。

とりあえず、このままではシートも貼れないので、船体と接着します。
接着面を面取りしてかっちり合うように削り、接着剤をオン! 続いて手のひらで抑え込むようにしながら隙間接着剤を流し込み……輪ゴムで固定。

よし。これでなんとかなったぞ。
100426_231343.jpg

「ドリルの刃が立たなくて困った」という証言のある「金剛」ですが、やはり実艦同様、なかなか苦労しそうな……予感かな?

でも英国艦船設計の一頂点時代の設計ですからね。この船体のラインだけでも惚れ惚れするような美しさ。
ちょっと手がかかる娘のようですが、とりあえず、着工です。

それでは、今日はこの辺で^^

工廠管理人

ツンドラッヘ

Author:ツンドラッヘ
狭い部屋でも模型はできる。十年ぶりに再開した模型製作記。そのほか読書やゲーム、映画など趣味のブログです。コメントや掲示板は常識的な範囲でご自由に。感想や模型製作のアドバイスなどお待ちしております。

また、このブログはなんら政治的・軍事的・宗教的な表明や意思表示を示すものではありません。管理人はオタクですが、それを強要するつもりもありません。世界が安穏ならんことを切に願います。このブログに掲載の一切の文章・画像の無断転載を禁じます。

現在の技師数

最新トラックバック

工廠公式後方支援

只今絶賛応援中♪ 

「蒼海のヴァルキュリア」応援中! 「蒼海の皇女たち」応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

工廠勤務者談話室

掲示板です。感想などお待ちしています。コメントは各記事タイトルの◆から記入できますのでそちらもどうぞ♪

工廠電信室

掲示板には書けない。あなただけに伝えたい。そんなシャイなあなたにはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。