上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
06
23

読書記録でございますー

皆さまご機嫌いかがでしょうか?
梅雨入りも宣言され、暑くなってまいりましたが、体調など崩してませんか?

さて今日は読書記録などー。
えっ? 建艦どうなった? いえ、それが、まだ、部屋が片付かねえぇェ。
いや、掃除してるんですよ? 週末ごとに。でもこれがすっごい精神的にクルんですよ。凹みますよね。昔のアレコレとか、どうしようもないがらくたが山盛りっていう部屋は。

さて、それでは最近読んだ本ですー。


・「第七駆逐隊海戦記―生粋の駆逐艦乗りたちの戦い」

第七駆逐隊海戦記―生粋の駆逐艦乗りたちの戦い (光人社NF文庫)第七駆逐隊海戦記―生粋の駆逐艦乗りたちの戦い (光人社NF文庫)
(2010/05/30)
大高 勇治

商品詳細を見る


体験談的戦記なのですが、非情に読みやすく、物語の語り口が小説かと見まがう良作です。
戦前の平和な時期の二等駆逐艦「菊」での勤務から、大陸封鎖作戦、ハワイ作戦の裏で行われたミッドウェイ砲撃作戦など、歴史の表に出ない「貧乏籤」「縁の下」の戦記。駆逐艦乗りが赤裸々に語る、伏見宮の意外な素顔など、貴重な資料的価値もありますね。サクッと読めますので入門にも最適かと。


・「エアリエル―緋翼は風に踊る」

エアリエル―緋翼は風に踊る (電撃文庫)エアリエル―緋翼は風に踊る (電撃文庫)
(2010/06/10)
上野 遊

商品詳細を見る


複葉機、美少女の戦闘機乗り、イタリアをベースにした架空国家、介入してくる北の軍事国家、不器用な少年主人公……とくればもう私的好物山盛りですね。
が、これが意外と……なんでしょうね? せっかくの材料がですね。いやけして楽しくないわけではないのですが、どうもノリと言うか文体のテンポが合わないというか。ちょっと残念です。


・「ヘヴィーオブジェクト採用戦争」

ヘヴィーオブジェクト採用戦争 (電撃文庫)ヘヴィーオブジェクト採用戦争 (電撃文庫)
(2010/06/10)
鎌池 和馬

商品詳細を見る


前作から引き続き、巨大兵器「オブジェクト」に挑む馬鹿二人と少女パイロット、ドS指揮官の物語。今回は前作のように単純に「どのようにして不可能な兵器破壊に挑むか?」だけではなく、それぞれの過去や思いが少しづつ語られます。「とある魔術?」で有名な作者ですが、この作品の方が私は好みですね。基本的に「ナバロンの要……げふんごほん。


・「夜は短し歩けよ乙女」

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る


物語の舞台京都が地元ということもあり、非常に楽しく読ませていただきました。ぐだぐだ理屈を並べてばかりで一向に非生産的な大学生時代。いやあ、懐かしいですね。しかし何気に主人公たちは「京大生」です。高学歴じゃん! おまえら!


・「四畳半神話大系」

四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る


そして「夜は短し?」を読むきっかけになったのがこちら。深夜アニメで現在放映中です。こちらはさらに主人公がグダグダでどうしようもなく、しかし、四つの並行世界を経て結果として「救われる」という読んだ後も素晴らしく気分のいい作品でしたね。思わず下鴨神社に聖地探訪したりしました。こういう作品がもっと大々的に売れると、日本の未来は……いや、ダメになるんだろうなあ(笑)

というわけで、ともかくも自分の四畳半を掃除しますよ、ハイ。

あ、因みに現在縮小状態の工廠でも作業できるように、サクッと作れて一番ちっさいのはないかなと、在庫を漁って二等駆逐艦「若竹」を開けた閉めた運動をしてみたり……

スポンサーサイト
2010
04
04

ああ、そうさ今週も本しか読んでねえ……

皆様おはようございます。ツンドラッヘです。4月になりましたねー。
新入生、新社会人、多いですねー(遠い目)

さて、今週は変則的に週中にオヤスミがありまして、昨日今日はオシゴトです。
というわけで、社会の新人さんたちにもお勧めな本の紹介など。

・「非情の海(上)(下)」ニコラス・モンサラット著 吉田健一訳 至誠堂出版刊


非情の海〈上〉非情の海〈上〉
(1992/12)
ニコラス モンサラット

商品詳細を見る

非情の海〈下〉非情の海〈下〉
(1992/12)
ニコラス モンサラット

商品詳細を見る


新人さんにお勧めと言いつつ、画像がない(笑)
それもそのはず、絶版です。
仕方がないので画像を……
100404_083246.jpg
どうですこのシンプル且つ趣深い表紙! 因みに文庫じゃないです。ソフトカバーの文芸書サイズです。ノベルより大きいですので、探す方は注意。
昔こういう翻訳小説シリーズがあったのですよ。ええ、オッサンの戯言です。

これ1992年が初版なんですが、なんと奇遇なことに「新品で」見つけましてね。思わず狂喜乱舞しましたよ。そしてさっそく読みふけりました。

「戦記物」というとスペックがどうの、作戦がどうのといった話だと思われる方も多いですが、そういうのではないんですよ。とりわけ英国の翻訳小説には多いのですが、基本的に戦場の中におかれた「人間」を描く物語です。この辺の比重が、「冒険小説」といわれるジャンルか「架空戦記」といわれるジャンルになるのかという分岐点かもしれません。あと、架空艦は登場しますが歴史は変わりません。
大西洋戦争、いわゆる船団護衛戦に関する「小説」では超一級の出来ですね。まず主人公達が乗り込むフネや、登場する脇役フネが渋い。フラワー級コルベット「コンパス・ローズ」、リバー級フリゲート「サルタッシュ」、V&W級駆逐艦「ヴァイパラス」……さあ、派手な海戦ものが好きな方はまずここで脱落です(笑)
そして、大戦果もなく、勇気あふれる突撃もなく、ただ乗員たちは戦時下に必死で生き、死に、結婚し、狂い、安堵し、家庭に悩み、上司に困り、ちょっとした出会いに喜び……そう、描かれるのは「日常」です。それも、私やあなたのとそうたいして違いのない「日常」。舞台が戦時下で、彼らの仕事が海軍の船乗りというだけ。そこが熱い! いやあ、色々と勇気づけられるお話です。新社会人の皆様には必読書にしたいですね! 色々な意味で!

……模型と関係ない? いえいえ。当方は「艦船模型ブログ」ですから、そこは抜かりなく(笑)
100322_142450.jpg
ほらほら、いま建造中のフネはなんでしたっけ?

そう! 「リバー級」なんですよ(笑)

次行きます。

・「駆逐艦魂」水木しげる著 小学館
駆逐艦魂駆逐艦魂
(2008/12)
水木 しげる

商品詳細を見る



復刊された貸本戦記漫画の傑作、「駆逐艦魂」です。
(昔、貸本屋という商売があったんですよ。私が子供の時分にはね。漫画を貸してくれるんです。20円とかで)

実はツンドラッヘは水木しげる先生がどうにも苦手でしてね。あの気持ち悪いおどろおどろした絵柄がどうもなじめなかったんですが、先週NHKで再放送された「総員玉砕せよ!」を観ましてね。香川照之さんの迫真の演技に感動しまして。前から気になってたんですが、ようやく購入してみました。
妖怪漫画で有名な著者ですが、この「駆逐艦魂」はそういう絵柄じゃなくてびっくりでした。どっちかというと戦時下の「少年倶楽部」の漫画とかに近い絵柄ですね。こういう絵柄なら読める(笑)
そして、物語は太平洋戦争最中に揚子江でちっぽけな掃海艇に乗って爆雷漁業に励む「水木少尉」の日常から始まります。
どうですか、この偏屈っぷり! タイトルが「駆逐艦魂」なのにいきなり河川艦隊の掃海艇で漁業してるんですよ! すごいよ水木先生。そして謎の転属を遂げた主人公が乗り組むことになったのは、ラバウルに在泊している駆逐艦「旋風」であった……というあたりから、ソロモンの激闘に巻き込まれていくのですが、ここからも話は大戦果! 万歳! とならないのが魅力。人生ってそんなものなんですよ、新社会人のみなさん。
劇画タッチで描かれた夜戦の様子が、真に迫って心を抉ります。
あ、因みに駆逐艦「旋風」は特型ですね。現在の目から見れば緻密に描かれたわけではない絵ですが、その辺はすぐに読み取れるというのが本当の「画力」なのかもしれません。やっぱり巨匠って凄い。


なんか暗くなってしまいましたね。
では! 新社会人のみなさんに明るい希望を持たせる一冊を最後に

・ジャイアントキリングエクストラ

ジャイアントキリング発サッカーエンターテイメントマガジン GIANT KILLING extra Vol.01 (講談社 Mook)ジャイアントキリング発サッカーエンターテイメントマガジン GIANT KILLING extra Vol.01 (講談社 Mook)
(2010/04/01)
講談社

商品詳細を見る


ブログの趣旨と反するのでこれまで黙ってましたが、ツンドラッヘはかなりのフットボール馬鹿でして。
といっても、やる方ではなく見る方専門ですが。
4月からNHKBSでアニメ化される「GIANT KILLING」の特別版。というか、漫画の編集者がサッカー雑誌作ってみましたという異色のサッカー雑誌ですね。特集はもちろん、監督特集。
普通に青春とか最強の敵とかそういうのではなく、フットボールって人生そのものなんだよね。という枯れた、しかし飽くなき挑戦の視線でサッカーを愛する人にはお勧めな作品なんですが、サッカーを人生とすると、監督ってのは自分の上司、あるいは自分が管理職ならば自分自身といってもいいでしょうね。これから新社会人になられる方には、ぜひそうした「上司」の視点を学んでいただきたい。そして、時折出会うんですよ。「凄い上司」ってやつに。そういうときの「場」の空気の変わり方とか、自分の人生観を根本から覆される感覚とか、そういうのを味わうのもまた、これからの楽しみなんじゃないでしょうか。たまにあるんですよ。自分の人生のなかでも「ジャイアントキリング」を起こせる瞬間ってのが。だから辛くても、希望は忘れないで日常に励んでいきたいですね!

え? 雑誌の出来の方? まあ、ねえ(笑) 入門書としてはこんなもん? かな。

そうそう、今年はW杯ですしね。新社会人のみなさん、とりあえずそこまでは頑張ってみましょうよ。ね?

というわけで、今回は新社会人向けの本のお勧めでした。あー、でもここ読んでる人って、新社会人というよりは「旧社会人」という人ばっかりなんだろうなぁ(笑)
2010
03
08

海防艦!

こんばんは!

……今週も休みなしに働いてます! ツンドラッヘです!

もうね、なんかこう、今週も更新できませーーーーん(TT)

すみませんせっかく見に来て頂いてる皆さま。

せっかくなので、本の紹介だけでも。

アーマーモデリング別冊 NAVY YARD ( ネイビーヤード ) VOL.13 2010年 03月号 [雑誌]アーマーモデリング別冊 NAVY YARD ( ネイビーヤード ) VOL.13 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/03/05)
不明

商品詳細を見る


表紙は2航戦ですが、本命はさにあらず。
P70からの海防艦特集が熱い!
海防艦特集! ありえん! 狂喜ですよ。
奇特者リスト入りの私が言うんだから間違いない。これであなたも海防艦が造りたくなる!

……しかし最近1/700の丙型と丁型のキットを模型屋の棚で見かけないんですが……まさか絶版ですかピットロードさん。
2010
02
28

快男児小説!

こんばんは!
絶賛休日も労働中のツンドラッヘです!
もうなんかよくわからないですが、ひたすら働いてます!

ツンデレサービース!(狂 

というわけで、今週も読書日記。



「薔薇とサーベル」 赤城 毅著 朝日ノベルズ 

薔薇とサーベル ナポレオン戦争秘史 (朝日ノベルズ)薔薇とサーベル ナポレオン戦争秘史 (朝日ノベルズ)
(2010/02/19)
赤城 毅

商品詳細を見る


快男児! 冒険小説とはかくあるべきです。古くは「ゼンダ城の虜」や「紅はこべ」、「勇将ジェラールの冒険」なんかがオススメですが、これは久々に一気読み。

時代はナポレオン島流し直後の近世欧州!
黒服髑髏のプロイセン軽騎兵!
暗躍する謎の秘密結社!
グナイゼナウ! ブリュッヒャー! 
会議は踊り、美女は軽やかに舞う!
中欧の小国、アーレキルヒ侯国を舞台に、サーベルの音が鳴り響く!


血沸き胸躍る活劇ですね!
主人公がプロイセン将校ってのも珍しくてよいです。大抵こういう物語では悪役なので。
そして表紙と挿絵は滝沢聖峰! これもポイント高いです。
「魔大陸の鷹」以来、作者の本は時折読んでおりましたが、今までで一番よい出来ですよ。
いわゆる「ルリタニア・ストーリー」というのは様々に出ておりますが、ぶちゃけていうとライトノベルとか架空戦記のはしりなんですよね。昔あった遊演体の郵便を使ったネットゲーム「鋼鉄の虹」とかもそう。ちなみにここ出身の人がたくさんラノベ業界にはいたり。どっちかというと「蓬莱学園」というほうがわかりやすいかな……
え? 私? ええ、やってましたよ。はっはっは。


因みに参考文献。
ゼンダ城の虜 (創元推理文庫 F ホ 4-1 Sogen Classics)ゼンダ城の虜 (創元推理文庫 F ホ 4-1 Sogen Classics)
(1970/02)
アンソニー・ホープ

商品詳細を見る

紅はこべ (創元推理文庫 507-1)紅はこべ (創元推理文庫 507-1)
(1970/05)
バロネス・オルツィ

商品詳細を見る





「碧海の玉座2」横山 信義著 C・NOVELS刊

碧海の玉座〈2〉牙を剥く星条旗 (C・NOVELS)碧海の玉座〈2〉牙を剥く星条旗 (C・NOVELS)
(2010/02/25)
横山 信義

商品詳細を見る


先月買った続編。ついに日米開戦。火を吹く40サンチ! 「加賀」「土佐」の活躍や如何に!?
ちょっと水雷頼み傾向と、速射万能傾向だった著者が、本作は敢えて大艦巨砲への回帰が見受けられます。しかし、天候や状況をうんと都合よく操作しないと艦隊決戦は発生しないんですよね。その辺が逆説的にリアルと言えばリアル。しかしせっかく1巻は「加古」級の砲撃戦とか貧乏臭い戦いがおきにいりでしたが、さすがにそれでは売れないので、今回は戦艦登場。ちっ(笑)
ボーファイターは英国の誇る万能機です!

そして最後の一冊はこれ。

ケルベロス 鋼鉄の猟犬ケルベロス 鋼鉄の猟犬
(2010/02/25)
押井 守

商品詳細を見る


もう二十年くらい著者の「犬狼伝説」サーガに付き合ってますが、飽きませんな。「紅い眼鏡」が懐かしい。
今回は押井監督渾身の描き下ろし!
舞台は大戦下の独逸!
もうなんというか、読まずに死ねるか。ウォー!


2010
02
21

鉄底海峡冬景色

はい。というわけで、今週も工事延滞!
みんな貧乏が悪いんだ!


せめて通勤中に読書に励みますよ。むむむむむ。

「鉄底海峡」高橋雄次著 光人社
「サボ島沖海戦」リチャード・F・ニューカム著 光人社


鉄底海峡―重巡「加古」艦長回想記 (光人社NF文庫)鉄底海峡―重巡「加古」艦長回想記 (光人社NF文庫)
(1994/09)
高橋 雄次

商品詳細を見る

サボ島沖海戦―米海軍史上最大の敗北 (光人社NF文庫)サボ島沖海戦―米海軍史上最大の敗北 (光人社NF文庫)
(1998/03)
リチャード・F. ニューカム

商品詳細を見る


ソロモン海戦の幕開け。いわゆる「第一次ソロモン海戦」にまつわる二冊。
こういうものは視点を固定してみると、事実というものはなかなか見えてきません。そこで、両方から見るというのは実に興味深いものがあります。実はお互いにこういう風に思いながら戦っていたのかと、気づくことも。
「加古」は好きなフネなんですが、如何せん、ハセガワの箱絵が……とか思っていたら、先日「青葉」を見たら箱絵だけリニューアル? されていたのでびっくり。 何かやたら格好良くなってませんか。あの箱絵。


「ありすとBOBO」川崎康宏著 GA文庫

ありすとBOBO -猫とマグロと恋心- (GA文庫)ありすとBOBO -猫とマグロと恋心- (GA文庫)
(2010/02/15)
川崎 康宏

商品詳細を見る


作者の川崎康宏先生は昔から愛読している作家さんの一人。「銃と魔法」とか「革命暮れて皿洗い」とか。魔法分隊ものとか。どこかおかしくて、間が抜けていながらちょっとSF。ちょっとファンタジー。息抜きには最適です。こういうものは仕事帰りに読むとホッとします。あ、因みに、「銃と魔法」はアメリカ刑事ものドラマ+ファンタジーという、なんだか最近の海外ドラマを二十年前に先取りしたが、先取りしすぎてちょっと当時は受けれられなかったのかもしれません。
今回の話はテーマはマグロです。マグロ。そしてグリズリー。条約で捕獲高を規制されると高くなりますよね? あのニュースを見て私もマグロを今のうちにとモリモリ食べました。ええ、食糧って大事ですよね。

あ、ちなみに。総務部より

右下に図書館の棚、作ってみました。ちっちゃなオシャレな棚。でも中身は物騒極まりないです……

工廠管理人

ツンドラッヘ

Author:ツンドラッヘ
狭い部屋でも模型はできる。十年ぶりに再開した模型製作記。そのほか読書やゲーム、映画など趣味のブログです。コメントや掲示板は常識的な範囲でご自由に。感想や模型製作のアドバイスなどお待ちしております。

また、このブログはなんら政治的・軍事的・宗教的な表明や意思表示を示すものではありません。管理人はオタクですが、それを強要するつもりもありません。世界が安穏ならんことを切に願います。このブログに掲載の一切の文章・画像の無断転載を禁じます。

現在の技師数

最新トラックバック

工廠公式後方支援

只今絶賛応援中♪ 

「蒼海のヴァルキュリア」応援中! 「蒼海の皇女たち」応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

工廠勤務者談話室

掲示板です。感想などお待ちしています。コメントは各記事タイトルの◆から記入できますのでそちらもどうぞ♪

工廠電信室

掲示板には書けない。あなただけに伝えたい。そんなシャイなあなたにはこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。